2007年01月01日

3回戦 山崎選手vsチャラカンボ選手その5

あけましておめでとうございます。
一日一更新を目標に頑張っていきます。


まずファイティング原田氏の戦績は63戦56勝(23KO)7敗であるが、
その中で、タイ人との対戦が、
20戦目 ソムワン・バンブン   ○ 3RKO 61年9月9日
28戦目 ポーン・キングピッチ ○ 11RKO 62年10月10日
29戦目 ポーン・キングピッチ ● 15R判定 63年1月12日
32戦目 ロード・ジャレンガボ ○ 6RTKO 63年6月19日
37戦目 ソムサク・ラムファバー ○ 2RKO 64年2月14日
と4人の選手と5戦グローブを交えている。

海老原博幸氏の戦績71戦65勝(36KO)5敗1分のうち、
タイ人との対戦は次の通りである。
18戦目 シトン PT     ○ 10R判定 61年8月27日
22戦目 ソムワン・バンブン ○ 4RKO 62年1月5日
27戦目 チュンチャイ・ラムファバー ○ 2RKO 62年7月27日
31戦目 ナロンリット・チャリンガボ ○ 3RKO 62年10月26日
36戦目 チャチャイ・ラムファバー ○ 12R判定 62年12月31日
42戦目 ポーン・キングピッチ ○ 1RKO 63年9月18日
44戦目 ポーン・キングピッチ ● 15R判定 64年1月23日

他に第12代日本フライ級王者野口恭選手は62年9月21日に
ナロンリット・チャリンガボと対戦し、7RKO勝ちを収めている。

第2代東洋J・フェザー級王者牧昭男選手は63年8月4日
セラルド・チャリンガボと対戦し、10R判定勝ちを収めている。

第15代日本バンタム級王者永田耕造は63年11月1日
セラルド・チャリンガボと対戦し、10R引分けという結果を
残している。

「チャリンガボ(ジャレンガボ)」という選手がもしかすると
「チャラカンボ」なのかもしれない。
残念ながら関光徳選手の対戦相手にはチャラカンボ、チャリンガボ
といった、同じもしくは似たような名前の選手はいなかった。

年月日順にまとめてみると、
62年09月21日 ナロンリット・チャリンガボvs野口恭(フライ級)
62年10月26日 ナロンリット・チャリンガボvs海老原博幸(フライ級)
63年06月19日 ロード・ジャレンガボvsファイティング原田(フライ級)
63年08月04日 セラルド・チャリンガボvs牧昭男(J・フェザー級)
63年11月01日 セラルド・チャリンガボvs永田耕造(バンタム級)
この中の誰かが「デイラ・チャラカンボ」かもしれない。
そしてボクサーとしての全盛期は第5回大会(73年)より約10年前
(62〜63年)だったのであろう。
(この項おわり)
posted by キワメシンノスケ at 00:11| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

試し割り

56.jpg
57.jpg

富樫選手、手刀で杉板6枚完遂


58.jpg

山崎選手も同様に6枚完遂


61.jpg
62.jpg

富樫選手、猿臂で6枚完遂


59.jpg
60.jpg

体重64s(今でいう軽量級)の山崎選手、猿臂でなんと7枚完遂
これぞ空手における「試し斬り」なり!!

山崎選手は試し割りの部で合計24枚(正拳4枚、手刀6枚、
猿臂7枚、足刀7枚)割り、優勝した。
なお、2位は盧山選手の15枚、3位は佐藤(俊)選手の14枚。
posted by キワメシンノスケ at 01:32| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

準々決勝 二宮選手vs盧山選手その1

104.jpg
105.jpg
106.jpg
107.jpg

二宮選手、試合開始と同時に下段蹴り、右正拳、上段回し蹴り


108.jpg
109.jpg

さらに下段蹴り2発


110.jpg
111.jpg
112.jpg

二宮選手、3発目の下段は軸足へ
盧山選手、バランスを崩す そこへ二宮選手、逆突きを入れる

posted by キワメシンノスケ at 01:11| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

準々決勝 二宮選手vs盧山選手その2

113.jpg
114.jpg
115.jpg

盧山選手、二宮選手の右ローをスネ受けし、右中段逆突き


116.jpg
117.jpg

そして三日月蹴り、さらに逆突き


118.jpg
119.jpg

スネ受けから逆突き


120.jpg
121.jpg
121.5.jpg
122.jpg

二宮選手、右ハイから左ハイ
盧山選手、左ハイをバックステップでかわし、左ミドルをブロック
そして三日月蹴りを返す


123.jpg
124.jpg
125.jpg
126.jpg
127.jpg

二宮選手、逆突きで反撃するも盧山選手に突き放され、逆突きを
もらう そして三日月蹴り、逆突き、右ローと続く攻撃で場外へ
posted by キワメシンノスケ at 00:09| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

準々決勝 二宮選手vs盧山選手その3

128.jpg
129.jpg
130.jpg

盧山選手、三日月蹴りからワンツー
ワンは顔面への掌底けん制、ツーは中段突き


131.jpg
132.jpg

同じく顔面への掌底けん制から中段突き


133.jpg
134.jpg

顔面への掌底突き(本当に入っています)から中段突き

この当時はけん制目的の掌底が顔面に入っても
反則にはなりませんでした

ゆえに当時の選手はやや遠い間合いで顔面をしっかり
カバーしていました


137.jpg
138.jpg
139.jpg
140.jpg

二宮選手、後ろ回し蹴り、右ローを軸足に
そして右足を一歩踏み込んで左の下段後ろ回し

盧山選手、バックステップでかわす






posted by キワメシンノスケ at 00:26| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

準々決勝 二宮選手vs盧山選手その4

143.jpg
144.jpg
145.jpg

盧山選手、三日月蹴りから中段逆突き


146.jpg
147.jpg
148.jpg
149.jpg

掌底顔面打ちから中段逆突き、さらに突きを連打
二宮選手、手も足も出なくなる
現行ルールなら技ありでしょう


150.jpg
151.jpg
152.jpg

盧山選手、三日月蹴りから二宮選手の前手を封じて中段逆突き


154.jpg
155.jpg

盧山選手、掌底顔面打ちから中段逆突き













posted by キワメシンノスケ at 01:04| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

準々決勝 二宮選手vs盧山選手その5

158.jpg
159.jpg

盧山選手、左ミドルを蹴り足が伸びる前にブロックし、
掌底で二宮選手の顔面をけん制する


160.jpg
161.jpg

二宮選手の左ハイを鼻先数センチで見切る


162.jpg
163.jpg
164.jpg

盧山選手、右ローをブロックし、掌底顔面打ち
二宮選手、掌底顔面打ちをかわしつつ、後ろ下段回し足掛け


165.jpg
166.jpg
167.jpg

盧山選手、この試合ラスト10秒のところで初めてローキックを使う


168.jpg
169.jpg

続けてもう一発

試合は5−0で盧山選手の優勢勝ち

「彼(盧山選手)の攻撃は、すべて右半身から繰り出される。
右の逆突きがボディを襲い、すぐに右下段蹴りに繋ぐ。
そして脇腹を狙った三角蹴りが飛んでくる。闘い方はシンプル
であるが、効果的であった。この三角蹴りが、来ると分かって
いても私にはよけられなかった。彼の蹴りは私のガードをかい
くぐっては肋骨に入った。
私はベストコンディションで闘ったが、精神的な闘いに負けた
気がした。自分自身を追い込んで練習したつもりであったにも
かかわらず、まだ十分ではなかった。道場に帰った私は再び
勝利の日を誓い、稽古に没頭した。」〜静かなる闘志より〜
posted by キワメシンノスケ at 01:30| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

準々決勝 佐藤(勝)選手vs浜井選手その1

170.jpg
171.jpg
172.jpg
174.jpg

開始10秒すぎ 佐藤選手の飛び上段二段蹴りが浜井選手の
顔面に炸裂 転倒する浜井選手に下段突きの決め
佐藤選手の技あり


175.jpg
176.jpg
178.jpg
179.jpg
180.jpg

佐藤選手、浜井選手の首を押さえ、中段膝蹴りから上段飛びヒザ













posted by キワメシンノスケ at 02:12| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

準々決勝 佐藤(勝)選手vs浜井選手その2

181.jpg
182.jpg

浜井選手、低い構えから飛び前蹴り


183.jpg
184.jpg

佐藤選手、ガードの低い浜井選手に左ハイを決める


185.jpg
186.jpg

下がる浜井選手にさらに左ハイを蹴るがスリップダウン


187.jpg

浜井選手、転倒している佐藤選手に下段突きの決め


188.jpg
189.jpg
190.jpg

佐藤選手、素早く立ち上がり 残心をとる浜井選手の首を押さえ
顔面に膝蹴り!まさに極真ケンカ空手!


posted by キワメシンノスケ at 00:14| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

準々決勝 佐藤(勝)選手vs浜井選手その3

191.jpg
192.jpg
193.jpg

佐藤選手、猛然と迫り、下がる浜井選手を捕まえ、飛びヒザ


194.jpg
195.jpg

場外にもかかわらず、もう一発飛びヒザ


198.jpg
199.jpg

浜井選手、ジャンプして飛び蹴りで攻撃と思わせつつ、
着地後、関節蹴りで攻める


200.jpg
201.jpg

佐藤選手、ワンツー
浜井選手の手刀内打ちと佐藤選手の中段逆突きが相打ちとなる


201.5.jpg

佐藤選手、ワンツーの後 左下突きをレバーへ
これはかなり効いた様子
posted by キワメシンノスケ at 00:20| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。