2007年01月26日

準決勝 佐藤(勝)選手vs盧山選手その7

328.jpg

佐藤選手の前蹴りからの変則蹴りが盧山選手の顔面にヒット


329.jpg

しかし盧山選手、ひるまずに逆突きを返す


330.jpg
331.jpg

佐藤選手、盧山選手の頭を押さえ、飛びヒザ蹴り


332.jpg
333.jpg
334.jpg

盧山選手、佐藤選手の腰に左手を回して密着
そして右手で蹴り足をすくい持ち上げ佐藤選手を転倒させる
場内からは大きな拍手と歓声が上がる


335.jpg

盧山選手、三日月蹴り


336.jpg

佐藤選手は中段前蹴り

337.jpg
338.jpg

佐藤選手の飛び二段蹴りが空振りとなったところで試合終了

盧山選手に旗が2本上がり、中村忠主審が盧山選手を支持し
盧山選手が決勝進出

内容的には互角だったとおもわれるが、盧山選手の気迫が勝って
いたことと佐藤選手は飛びヒザ蹴りをすくわれ転倒させられた
ことが『実戦なら負け』を意味し、それがマイナスポイントとなり、
判定に響いたと考えられる
posted by キワメシンノスケ at 00:31| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。