2007年06月02日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その3

679.jpg
680.jpg

大石選手、右ローキックから左上段回し蹴り


681.jpg
682.jpg

さらに左右の中段回し蹴り


683.jpg
684.jpg
685.jpg

大石選手、のど輪でクラーク選手の前進を止め、クラーク選手の
上体が横を向いたところに左上段回し蹴りがヒット

しかしクラーク選手は倒れない。ここまで何発も技ありでも
おかしくないような上段蹴りが入っているが、クラーク選手は
倒れない。それはなぜか。
クラーク選手は学生時代、ボクシングの選手であった。
極真の選手がボディを叩かれるのが当たり前のように、ボクシング
の選手は、顔を叩かれるのが当たり前である。
従って、顔を叩かれることに慣れているボクシング(出身)の
選手は脳震盪(一瞬の場合も含む)を起こすような打撃を
もらわない限り、ダウンしないのである。(スリップ気味のダウン・
ボディへの打撃は除く)
K-1などでも極真(出身)の選手の、空手の試合であれば技あり
もしくは一本の取れる上段蹴りがヒットしても、相手は倒れない
ことが多々あり、極真ファンとしては非常にもどかしく思うので
あるが、これも上記の理由からだと考えられる。


686.jpg
687.jpg
688.jpg

クラーク選手、大石選手の右中段回し蹴りに対して掌底による
プッシュを合わせる
posted by キワメシンノスケ at 00:32| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その4

689.jpg

クラーク選手、右ローキック


690.jpg
691.jpg

大石選手、左上段回し蹴り


692.jpg

クラーク選手、大石選手の左の蹴りに中段突きを合わせる


693.jpg

クラーク選手、踏み込んで左の中段突き


694.jpg
695.jpg

大石選手、右正拳で間合いを保ち、回り込んで左中段回し蹴り


posted by キワメシンノスケ at 00:28| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その5

696.jpg

大石選手、右ローキック


697.jpg

クラーク選手、左ローキック


698.jpg
699.jpg

大石選手、相手の首を抱えてのヒザ蹴り2発
もちろん反則です


700.jpg
701.jpg
702.jpg

両者10秒ほど見合ったのち、クラーク選手が下段後ろ回し蹴りを
放つ


703.jpg

大石選手、すかさず右ローキックを返す




posted by キワメシンノスケ at 00:16| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その6

704.jpg
705.jpg
706.jpg

大石選手、後ろ回し蹴り
クラーク選手、踏み込んで掌底押しで大石選手のバランスを崩す


707.jpg
708.jpg
709.jpg

クラーク選手、大石選手の左上段回し蹴りをスウェーでかわし、
左ボディブロー


710.jpg

大石選手、ワンツー


711.jpg
712.jpg

クラーク選手、踏み込んで左ボディブロー
posted by キワメシンノスケ at 00:28| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その7

714.jpg

クラーク選手、右ローキック


715.jpg
716.jpg
717.jpg

大石選手、下がりながら右の正拳突きから左上段回し蹴り


718.jpg

そして中段へ三日月蹴り


719.jpg
720.jpg

クラーク選手、大石選手の胸板へ左中段突き
posted by キワメシンノスケ at 00:17| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その8

721.jpg

大石選手、右ローキック


722.jpg

クラーク選手、同じく右ローキック


723.jpg

大石選手、後ろ回し蹴り


724.jpg
725.jpg

大石選手、クラーク選手の左正拳突きに左の蹴りを合わせようと
するが、クラーク選手の正拳が先にヒット


726.jpg
727.jpg

大石選手、右横蹴りでクラーク選手のレバーを蹴る


728.jpg
729.jpg

半身となったところに接近してくるクラーク選手の首に手刀内打ち


730.jpg
731.jpg

大石選手、クラーク選手の左正拳突きに蹴りを合わせようとするが
威力に押され、思うように返せず


732.jpg

クラーク選手が後ろ蹴りを蹴ったところで本戦終了


大石選手やや優勢で判定となったが、大石選手に旗一本しか
上がらず、1−0の判定で延長戦へ
posted by キワメシンノスケ at 00:13| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その9

733.jpg
734.jpg

大石選手、右中段回し蹴り


735.jpg

大石選手、クラーク選手の左ストレートを外受けで捌く


736.jpg
737.jpg
738.jpg
739.jpg

クラーク選手、さらに左ストレートで攻撃
大石選手、軽やかな身のこなしでバックし、飛び回し蹴り


740.jpg
741.jpg

クラーク選手、大石選手の着地を狙って左レバーブロー


742.jpg

大石選手、掌底押しとバックステップで間合いをつくり、クラーク
選手の胸元へ左上段前蹴り


743.jpg

クラーク選手、前蹴りをもらいつつ前進して左ストレート


744.jpg
745.jpg

大石選手、一歩下がり、左中段回し蹴り
クラーク選手、間合いを詰めて蹴りの間合いを封じる


746.jpg

両者クリンチとなり、一旦ブレーク





posted by キワメシンノスケ at 00:36| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その10

747.jpg

大石選手、右中段回し蹴り


748.jpg
749.jpg
750.jpg

クラーク選手、下段後ろ回し蹴り


751.jpg

大石選手、左中段回し蹴り


753.jpg

大石選手、クラーク選手の胸元への左ストレートにヒザ蹴りを
合わせようとするが届かず


754.jpg
755.jpg

クラーク選手の腰の入った強烈なレバーブロー


756.jpg
757.jpg

クラーク選手、さらにもう一発レバーブロー
大石選手、そのレバーブローに顔面強打を合わせる


758.jpg

大石選手に顔面強打注意1


posted by キワメシンノスケ at 00:32| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その11

759.jpg

クラーク選手、レバーブローを2発叩き込む


760.jpg
761.jpg

クラーク選手、後ろ回し蹴り


762.jpg
763.jpg
764.jpg
765.jpg
766.jpg

クラーク選手、続けてもう一発後ろ回し蹴りを蹴る

「クラークの放った後ろ回し蹴りが大石選手の顔面に入った。
 大石選手が倒れ、クラークも一緒に転倒する。
 私はこれは『技あり』をとってもよいなと思った。しかし審判は
 とらない。ブロックしていて、もつれあって倒れたとみなしたの
 だろう。」         〜王道の空手(講談社)より〜


posted by キワメシンノスケ at 00:13| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その12

767.jpg
768.jpg

クラーク選手、右ローキック


769.jpg
770.jpg
771.jpg

大石選手、クラーク選手の顔面を掌底で牽制し、左上段回し蹴り


772.jpg
773.jpg

クラーク選手、大石選手の右ローキックに合わせて踏み込みつつ
左レバーブロー


774.jpg

そして右中段回し蹴り
posted by キワメシンノスケ at 00:02| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。