2010年02月01日

準決勝 佐藤選手VS二宮選手その14

917.jpg

最後の延長戦は主審が交代し、中村忠氏からルック・ホランダー氏に


918.jpg
919.jpg
920.jpg

二宮選手、左足を引きつつ手刀鎖骨打ちから左の中段膝蹴り


921.jpg
921.5.jpg
922.jpg

さらに蹴った足を後ろに引くと同時に右の掌底で間合いをつくり、
左中段回し蹴り

佐藤選手は腰を左に切り、回し受けの要領で二宮選手の蹴り足を
すくう


923.jpg

佐藤選手、軸足を払いにいくが、二宮選手は払われないよう
持たれている足に体重をかけつつ後方にはねていく
ここで主審の止めが入る


924.jpg
925.jpg

佐藤選手、二宮選手の首を両手ではさみ、膝蹴り
主審が両者を分ける


926.jpg
927.jpg

佐藤選手、つかんでいない事をアピール
なお、13回全日本大会までは相手の首を両腕ではさんで(もしくは
背手掛け)の膝蹴りは認められていたが、この大会での「アフリカの
猛獣」モハメッド・ハシムの膝蹴りが微妙な判定により反則と
みなされ、物議をかもした。(それについては今後連載予定の第13回
大会篇で)

翌14回大会からは相手の身体に手をふれての蹴り技は反則とされ、
それ以降、数年間は極真カラテの大会から膝蹴りを見る機会が
めっきりと減った

posted by キワメシンノスケ at 23:59| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。