2006年12月07日

3回戦 岸選手vs富樫選手その2

12.jpg
13.jpg
14.jpg

富樫選手、前蹴りの捨て技から再び上段へスピンチョップ
岸選手、顔面カバーも空しくクリーンヒットを許す


15.jpg

転倒した岸選手に下段突きのとどめ!

岸選手はすぐに立ち上がったものの、このダメージが尾を曳き、
富樫選手のカサにかかった攻撃を何とかかわして延長戦に
持ち込むのが精一杯。その後は差をあけられるばかりで敗退した。
(現代カラテマガジンS48年12月号より)



posted by キワメシンノスケ at 01:45| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。