2007年03月04日

1回戦 岸選手vsミンゲーヒン選手その1

1973年、大山館長(当時)が香港、シンガポールを訪れた際、
「カンフーはシャドーボクシングと同じものだ」という発言が
新聞に載り、カンフーからの挑戦をうけることになった。
そのとき大山館長は「非近代的な遺恨を残すような試合は
お互いの名誉のために行なうべきでなく、正々堂々、公式の
試合で戦ってみようではないか」と返事をしたという。

そして1975年11月1日、戦いのときがきた。
極真第1回世界大会に香港カンフーから2名の選手が参戦。

当時、ブルース・リーのカンフー映画によって一躍有名となった
香港カンフー。
極真空手が勝つか、カンフーが勝つか、注目の対戦となった。

カンフーの選手と対戦する極真空手の岸選手は第5回全日本大会
出場後、ニューヨークにカラテインストラクターとして派遣され、
外国人との組手経験は出場選手中一番。
対するはカンフー歴20年のキャリアを誇るミンゲーヒン選手。
果たして結果は・・・








posted by キワメシンノスケ at 01:01| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。