2007年05月08日

4回戦 佐藤(俊)選手vsコリンズ選手(イギリス)その19

平安の型の分解動作は太極拳等の内家拳の交叉法にその形を
見ることができるが(例えば平安その2の第一挙動や平安
その3の第一〜第七挙動など)、それらについてはまた別の
機会に触れるとして、ここでは中国拳法でのスイッチステップ
を用いた追い突きについて紹介する。


639.jpg

画面左側は漫画「拳児」で台湾における拳児の良き老師として
登場した蘇崑崙のモデルとなった蘇c彰老師である。
蘇老師演じる八極拳の六大硬架を用いた実戦用法を紹介する。

六大硬架とは 神槍李書文晩年の成果を受け継いだ劉雲樵老師
より伝えられた八極拳の套路である。
劉雲樵老師の伝える六大開は、極力無駄な動きを排したシンプルな
ものであるが、透過勁など、高度な功夫がなければ使いこなせない
習得の難しい套路でもある。
六大硬架は、透過勁を学ぶ前段階の套路であり、学べば即実戦
に応用のきく、実用性の高いものである。      つづく

posted by キワメシンノスケ at 00:17| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。