2007年01月24日

準決勝 佐藤(勝)選手vs盧山選手その5

312.jpg
313.jpg

盧山選手、中段逆突きで攻撃


314.jpg
315.jpg

佐藤選手、左順突きを水月へ


316.jpg
317.jpg
318.jpg

佐藤選手、左からの回し蹴り
盧山選手、中段の高さにガードを下げるが、蹴りは上段へ
佐藤選手の回し蹴りが顔面にヒットする


319.jpg

盧山選手、回し蹴りを顔面にもらいながら中段逆突きを返す





posted by キワメシンノスケ at 00:07| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

準決勝 佐藤(勝)選手vs盧山選手その6

320.jpg
321.jpg
322.jpg

佐藤選手の飛びヒザ蹴りが盧山選手のガード越しに浅くヒット
盧山選手、口を切る


323.jpg
324.jpg

佐藤選手、続けて飛び前蹴りを放つが空振りとなる


325.jpg

佐藤選手、サウスポーで構え、盧山選手の上段をけん制


326.jpg
327.jpg

盧山選手、腰を落としつつ佐藤選手の前足内股に強烈な右ロー



posted by キワメシンノスケ at 00:02| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

準決勝 佐藤(勝)選手vs盧山選手その7

328.jpg

佐藤選手の前蹴りからの変則蹴りが盧山選手の顔面にヒット


329.jpg

しかし盧山選手、ひるまずに逆突きを返す


330.jpg
331.jpg

佐藤選手、盧山選手の頭を押さえ、飛びヒザ蹴り


332.jpg
333.jpg
334.jpg

盧山選手、佐藤選手の腰に左手を回して密着
そして右手で蹴り足をすくい持ち上げ佐藤選手を転倒させる
場内からは大きな拍手と歓声が上がる


335.jpg

盧山選手、三日月蹴り


336.jpg

佐藤選手は中段前蹴り

337.jpg
338.jpg

佐藤選手の飛び二段蹴りが空振りとなったところで試合終了

盧山選手に旗が2本上がり、中村忠主審が盧山選手を支持し
盧山選手が決勝進出

内容的には互角だったとおもわれるが、盧山選手の気迫が勝って
いたことと佐藤選手は飛びヒザ蹴りをすくわれ転倒させられた
ことが『実戦なら負け』を意味し、それがマイナスポイントとなり、
判定に響いたと考えられる
posted by キワメシンノスケ at 00:31| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

準決勝 佐藤(勝)選手vs盧山選手その8

286.jpg
287.jpg
288.jpg
289.jpg

敗れた佐藤選手は著書「王道の空手」で盧山戦での自分の
甘さについて次のように述べている。
「この大会での盧山選手との試合は、敗れたことに対して
ではなく、私にひとつの悔いを残した。
二段蹴りが決まったあのとき、なぜみずから試合を中断
してしまったのか。あのまま前蹴りか回し蹴りで追撃して
いれば、間違いなく回復不能なダメージを与え得たはずで
ある。それをせず、声をかけるなど、間の抜けた行為だ。
お人好しもいいところだ。
この時点から二年後の第一回世界大会準決勝で、
私の飛び膝蹴りが相手の二宮選手の顎にきまり、
そのショックで二宮選手は数秒間目が見えなくなった。
まったくの無防備状態だから、すかさず攻撃すれば
ノックアウト勝ちは確実だったのに、つい私は主審の
顔を見て攻撃を手控えてしまった。このときの主審も
中村師範だったように思うが、当然そこで試合は中断され、
二宮選手の目の回復を待って後刻、再試合の運びとなった。
幸い再試合に勝ちをおさめたからよいようなものの、私は
このときも自分の甘さを痛感し、盧山戦を思い起こさずには
いられなかったのであった。」
posted by キワメシンノスケ at 00:40| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

準決勝 佐藤(勝)選手vs盧山選手その9

331.jpg
332.jpg
333.jpg
334.jpg

さて、佐藤−盧山戦で盧山選手の勝因の一つである上段ヒザ蹴り
の防御であるが、月刊パワー空手92年8月号において「松井章圭
四段の空手テクニック」が特集として組まれた。
その中で、松井四段(当時)は接近戦の膝蹴りへの対処として、
次のように語っている。
「第4回世界大会でニコラス・ダ・コスタが接近戦で膝蹴りを
使って勝った。この前の世界大会(注・第5回世界大会)でも
日本の選手(注・川本選手、園田選手)が膝蹴りで倒されて
います。しかし、ああいう膝蹴りは少しも怖くない。
接近戦で叩き合っていて、膝蹴りが下から伸びてくるでしょう。
そしたら、ぐっと中へ入って頭突きでもするように相手の胸に
頭をつけてしまえばいい。そして足掛けでポーンと払うんです。
上段へ膝蹴りを出す時は、体を開く。そこで胸へ頭をつけて
しまえばいい。そして足掛けで崩す。
ポイントをはずせば怖い技なんて一つもないです。」


第4回世界大会(87年11月)準々決勝 松井選手vsニコラス選手

348.jpg

接近戦の打ち合い


349.jpg
350.jpg

ニコラス相手、体を開いて上段膝蹴り


351.jpg

松井選手、中に入って相手の胸に頭をつける

352.jpg
353.jpg

そして倒す


354.jpg

最後に下段突きの極め
posted by キワメシンノスケ at 02:29| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

準決勝 山崎選手vs佐藤(俊)選手その1

339.jpg

山崎選手、佐藤選手の右ローをガッチリとすね受け


340.jpg
341.jpg

山崎選手、左すね受けから右のハイキックにつなげる

山崎選手の右ハイに対して、佐藤選手は左の下段払いで
受けようとしたため、山崎選手の右ハイがノーガードの
左側頭部にクリーンヒット


342.jpg
343.jpg
344.jpg

佐藤選手、再び右ロー
山崎選手、スネ受けでブロックし、ブロックした足を下ろすと同時に
掌底で佐藤選手の顔面をけん制







posted by キワメシンノスケ at 00:54| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

準決勝 山崎選手vs佐藤(俊)選手その2

345.jpg
346.jpg

佐藤選手、左の蹴りで攻撃

山崎選手、前蹴りと判断し、腰を左に切って、右背刀による
下段受けの体勢に入る 左腕で顔の正面を、左掌で右側面を
ガード

347.jpg

しかし、佐藤選手の蹴りは前蹴りではなく、外回し気味の回し蹴り
山崎選手は右肩で顎を、左掌で側頭部をガードする


347.5.jpg

佐藤選手、続けて得意の前蹴りで攻撃
山崎選手、やや反応が遅れてクリーンヒットを許す


355.jpg
356.jpg
357.jpg

山崎選手、右ローを左足ですね受けし、その足で中足による
関節蹴りを行なうと同時に左掌底で顔面をけん制し、佐藤選手の
前進を阻む

posted by キワメシンノスケ at 00:05| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

準決勝 山崎選手vs佐藤(俊)選手その3

358.jpg
359.jpg

山崎選手、佐藤選手の外回しを受け、左ハイ

佐藤選手、その左ハイに両手を下げるが、ショルダーブロックで
かろうじてガード


359.5.jpg
360.jpg

山崎選手、円心の構えから佐藤選手の左前蹴りを腰を左に切り
肘を使っての右中段外受け

360.5.jpg

佐藤選手、前蹴りからお返しとばかりに山崎選手の顔面へ掌底打ち
山崎選手、右外受けから右上段受けに変化させ、受ける


361.jpg
362.jpg

山崎選手、右ローから左ハイ


363.jpg

さらに右のハイキック
posted by キワメシンノスケ at 00:33| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

準決勝 山崎選手vs佐藤(俊)選手その4

364.jpg
365.jpg

山崎選手、佐藤選手の右ローを鋭角なヒザブロックで受け、
右ハイを返す


366.jpg

佐藤選手、山崎選手のヒザブロックで足を痛め、堪らず場外へ

劇画「空手バカ一代」では山崎選手が佐藤選手の前蹴りを
ヒジとヒザではさむ『けり足はさみ殺し』で一本勝ちとなって
いるが、実際はヒザブロックでした

367.jpg
368.jpg
369.jpg
370.jpg

しばし中村主審に右足をマッサージしてもらい、その後、試合再開
山崎選手の猛攻と足の痛さから佐藤選手自ら場外へ

ドクターチェックが入り、試合続行とみなし山崎選手TKO勝ち


posted by キワメシンノスケ at 00:24| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

準決勝 山崎選手vs佐藤(俊)選手その5

〜勝つ心より〜
「出す技が皆ブロックされてしまう。それも肘を使って、実に巧みに。
それでも攻めていくと、攻撃したはずのこっちの方に、だんだん
ダメージが蓄積していく。まるで蟻地獄のようなものだ。
もがけばもがくほど深みにはまってしまう。
こりゃやばい、何とかしないと、と焦りながら何となく蹴った
右の下段回し蹴りが、見事餌食となった。グキッ……。
蹴った足に、一瞬電流が走ったような痛みがあった。
先輩は俺の蹴りを脛でブロックしたのだが、当たりどころが悪かった
らしく、足を痛めたのは俺の方だった。次の瞬間には冷や汗がドッと
流れ、血の気とともに気持ちまで引いてしまったようだ。」

〜月刊パワー空手89年3月号「王者列伝」より〜
「ブロック代表になって、次の試合で山崎先輩と当たったんですが、
やっぱり強かったですね。あの先輩は、大山館長もおっしゃって
いますけど、『この人はやっぱり天才なんだな』と思った。
私はバンバン攻撃していったわけです。でも、先輩に肘を使って
うまくブロックされて……。どんどん攻めて、上段回しとか蹴って
いって、攻撃したこっちのほうがダメージが残っていくんですから
話にならない。攻めた自分が怪我をして試合ができる状態にならなく
なって……、あの先輩はやっぱり強かった。」
posted by キワメシンノスケ at 00:41| 極真第5回全日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。