2007年05月16日

4回戦 佐藤(俊)選手vsコリンズ選手(イギリス)その21

蘇老師による蟷螂拳実戦用法

650.jpg
651.jpg

相手の右上段追い突きにインサイドから左上段突きのカウンター


652.jpg
653.jpg
654.jpg

相手の左上段追い突きを左手刀掛けで受ける


655.jpg
656.jpg
657.jpg

スイッチして右上段フック


658.jpg
659.jpg
660.jpg

さらにもう一発スイッチしての左上段フックで相手をノックアウト


という訳で中国拳法においてスイッチステップを用いた追い突きは
存在したということで、次回からは佐藤―コリンズ戦に戻ります。


posted by キワメシンノスケ at 00:09| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

4回戦 佐藤(俊)選手vsコリンズ選手(イギリス)その22

632.jpg

佐藤選手、コリンズ選手の右中段追い突きを下段払いでさばく


633.jpg
634.jpg
635.jpg

コリンズ選手、佐藤選手の左前蹴りに右内回し蹴りを合わせるが
当たらず


636.jpg
637.jpg
638.jpg

佐藤選手、右中段回し蹴りから右手刀でコリンズ選手の首を
押さえ、右ヒザ蹴り


試合は判定となり、副審の大山茂師範のみ佐藤選手に旗を上げ、
残りの3名は引き分けとするが、主審の中村師範が佐藤選手を
支持し、2−0の判定で佐藤選手が勝者となった。
posted by キワメシンノスケ at 00:10| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

4回戦 佐藤(俊)選手vsコリンズ選手(イギリス)その23

「俺はコリンズに第4回全日本で屈辱の一本負けを喫している。
 やられたらやり返すがモットーの俺としては、負けたままで
 済ますなど、許されることではなかった。
 果たして、俺は『始め』の太鼓が鳴ると同時に攻め込んだ。
 相手に反撃のチャンスを与えないつもりの怒涛の攻撃に、
 さしものコリンズも勝手が違ったようだった。俺の攻撃を
 しのぎながら、何とか反撃を試みようとするコリンズだが、
 俺の前進力が強く、的確な技を出すことができない。
 やがて四度立ち合うと、コリンズの表情にいくらか変化が
 起こった。ウィリー戦の疲れが出てきたのか、時折苦しそうな
 表情を見せるのだ。『よし、ここが勝負どころだ!』そう見た
 俺は、一気に攻勢にかかる。すると、それまではこちらの
 攻撃に対して、何らかの反撃をしていたコリンズの動きが
 鈍くなった。コリンズは完全にグロッキー状態だった。
 判定は俺に上がった。とうとう宿敵のコリンズに勝ったのだ。」
 〜福昌堂刊「勝つ心」より〜
posted by キワメシンノスケ at 00:24| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

4回戦 佐藤(俊)選手vsコリンズ選手(イギリス)その24

「私自身が負けを宣せられたある試合について、試合後、
 新聞記者その他のかたがたから『判定に意義があるのでは
 ないか?』との質問をうけましたが、その折『判定は神聖
 である。審判のとった態度や判定は立派であり、いささかの
 不満もない』と答えましたように、私自身はまったく意義が
 ありません。
 実力が伯仲した試合の場合、その勝負はとうぜんきわめて
 微妙なポイントによって判定されることになりましょう。
 その判定は、必死に攻防している当事者にはわかるはずも
 なく、やはり客観的立場にある審判をまつのが唯一の正しさ
 でありましょう。
 私としては、さらに錬磨と工夫をかさね、次回こそよりすぐれた
 空手技を身につけて闘うことを誓う気持ちでいっぱいです。」
 〜一撃必殺空手いのちより〜コリンズ選手(談)
posted by キワメシンノスケ at 00:02| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

4回戦 佐藤(俊)選手vsコリンズ選手(イギリス)その25

「コリンズとの試合は、本戦も延長戦も私には互角に見えた。
 どちらも技に切れがなく、小技も大技も鋭さが感じられなかっ
 た。結局、再試合で俊和が勝ったが、私から見ると、あまり
 感心した試合内容ではなかった。勿論、これはコリンズの
 上手さがあったからではあるが。しいて言えば、コリンズの
 回し蹴りやバックスピンを主とした組手を俊和の得意の
 前蹴りが崩したということが勝利につながったのではと
 思っている。」
 〜月刊フルコンタクトKARATE94年6月号
  大山茂備忘録「王者たちの空手」より〜
 
posted by キワメシンノスケ at 00:20| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

4回戦 その他の結果その1

クラーク選手(アメリカ)vsロン選手(マレーシア)

 ロン選手、岸選手の顔面強打によるアゴ骨折により棄権、
 クラーク選手の不戦勝


ニグレン選手(スウェーデン)VS盧山選手
 
 ニグレン選手棄権により、盧山選手の不戦勝


バリエントス選手(キュラソー)VS佐藤(勝)選手

 バリエントス選手の失格(顔面パンチ)により、佐藤選手の
 反則勝ち


フライバート選手(スウェーデン)VS二宮選手

 フライバート選手、試割で骨折棄権により、二宮選手の不戦勝


大石選手VSフォークト選手(デンマーク)

 フォークト選手、試合放棄により、大石選手の不戦勝


ロブマン選手(オランダ)VS東選手

 東選手の優勢勝ち
posted by キワメシンノスケ at 00:42| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

4回戦 その他の結果その2

東谷選手vsマーチン選手(アメリカ)

661.jpg

一撃必殺空手いのち「わが死闘の記」より
「この勝負は相手の動きを見るよりも『ひたすら先制攻撃、先手必
 勝でいこう!』と、自分は自分なりに矢つぎばやに攻めてかかり
 ました。
 試合前、諸先輩から『ローキックで攻めろ』とアドバイスされて
 いましたし、自分としても徹底的に下から攻めてまず彼の大きな
 体勢をくずすのが先決だと信じていましたので、とにかく積極的
 に足をとばしてみました。ところが彼は、あの巨体をいとも軽々
 とジャンプしてかわし、蹴りがかすりもしないのです。」

662.jpg

「それでもなお下を狙いつづけているうち、ばっと彼の左手が自分
 の右えりをとらえました。そして自分は右えりをつかまれたまま、
 顔面に強烈なパンチをもらってしまったのです。しかも次の瞬間、
 こんどは左に振りまわされ、まだ右えりをつかまれたまま、回し
 蹴りの感じで、顔面にまともに2発目をもらってしまったのです。
 畜生!と自分は歯をくいしばって耐えようとしたつもりですが、
 いかんせん頭がガーンとうなり、くらくらと眼の前がまっ暗にな
 り、一瞬、自分を見失ったように思います。 
 試合は一時ストップされ、一試合後に再戦することが宣せられま
 した。」                          つづく
posted by キワメシンノスケ at 00:50| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

4回戦 その他の結果その3

「その間、率直にいって自分の恐怖心は高まるいっぽう。告白しま
 すと、よほど棄権を申し出ようかと思ったほどです。しかしすぐに
 『死んでも弱虫の汚名だけはかぶせられたくない!』と勇気を
 奮いたたせ、自分はふたたびリングにあがりました。

663.jpg

 再戦において自分は、こんども先手必勝以外に勝機はないと考
 え、渾身の力をふりしぼって回し蹴り、後ろ回し蹴り、飛び後ろ
 回し蹴りなどをしつこくくりだしてみました。だが口惜しいこと
 に、いずれも的確にはチャールズ選手をとらえることができず、
 また彼の内ぶところに飛びこむとたちまち掴み合いになり、そう
 なると体力差がものをいいかねませんから即座に横転して逃れ、
 逃れながらも突きを入れようとすると、さすがに彼はみごとに
 防ぎ、同時にさっと攻めに切りかえしてくる――といったぐあい
 で、まったく息つくひまのない攻防に終始しました。
 結局、自分は判定で敗けを宣せられてしまったのです。
 そのせつなの無念さは、空手のサムライならばきっとおわかり
 いただけるでしょう。リングをおりたとたん『ああ駄目だったか。
 チャールズ選手にくらべて、オレはやはり経験不足だった』と
 反省する気持ちと、いっぽうでは地獄のようなあの修羅場のよう
 な苦しみから解放された虚脱感といいますか、『もういいんだな、
 オレは』と思う気持ちとがいりまじって、恥ずかしいはなしです
 が、ポロポロとむやみに涙がこみあげてなりませんでした。」
 
posted by キワメシンノスケ at 00:45| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その1

664.jpg
665.jpg

大石選手、試合開始と同時にスイッチして左の飛び回し蹴り


666.jpg

大石選手、接近してくるクラーク選手をのど輪で接近を防ぎ、

667.jpg

左上段回し蹴り クラーク選手の顔面にヒット


668.jpg
669.jpg

さらに前進してくるクラーク選手に左右の中段回し蹴り


670.jpg
671.jpg
672.jpg

両者もつれたところで大石選手、クラーク選手を巴投げで投げる



posted by キワメシンノスケ at 00:16| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

準々決勝 クラーク選手(アメリカ)VS大石選手その2

673.jpg
674.jpg

大石選手、クラーク選手の後ろ蹴りをバックステップでかわす


675.jpg

大石選手、接近してくるクラーク選手にヒザ蹴り2発


676.jpg

クラーク選手、右ローキック


677.jpg
678.jpg

大石選手、バックステップで間合いを作り、後ろ回し蹴り
クラーク選手の顔面にヒット


678.1.jpg

両者もつれた際にクラーク選手の指が大石選手の目に入る
アクシデント
大石選手も反射的に上段へ掌底を返すが空振りとなる

678.2.jpg


posted by キワメシンノスケ at 00:52| 極真第1回世界大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。